幸せなゴールを迎えるために

平年より少し遅れて梅雨入りしました。 災害など無い、適度な雨を希望しますね。

さて、今回は、終活関連本の紹介第2弾です。

命を考える終活を推奨しているさくら終活にと、友だちの絵本屋さんからご紹介いただいた絵本です。

この絵本、ブロンズ新社から出版された『マールとおばあちゃん』です。ベルギーのティヌ・モルティールさん作で、江國香織さん訳の絵本です

わが国の高齢化率は、世界1ですが、欧米諸国も高齢化が進んでいて、命の問題は、どこも同じです。

あまり詳しく言うと、著作権侵害になりますから、【「BOOK」データベースの商品解説】からご紹介します。

『マールとおばあちゃんは大の仲よし。似た者同士のふたりは心で強く結ばれています。しかしある日、おばあちゃんは倒れて、言葉を失います。まわりの大人たちは、おばあちゃんは別人になったと思いますが、孫娘のマールは、おばあちゃんの目に、くちびるにあらわれる言葉のかけらに、祖母の思いを読みとることができるのです。人の可能性を信じる愛の絵本です。』となっています。

大病をすると、一気に体のクオリティが下がって、できないことが増えていきますよね。病院スタッフや家族にはおばあちゃんの意思を読み取ることができなくても、マールは、いつも、心から理解し合っていたからこそ、おばあちゃんの意思を読み取って、希望どおり実行できたのです。

私も父を見送る時、同じような経験をしました。本人は一生懸命話しているつもりでも、発声がハッキリせず、口の中でモゴモゴ言っていました。いつも看病していた母や私は、父の意思を理解できましたが、他の身内は、読み取れずに、適当に話を合わせていました。いつもは、しっかりとした威厳のある父でした。が、体も心もどんどん弱って、弱音も出ました。元気な私たちの常識では、あり得ないものが見えたり、言ったりと夢の中にいるようでした。そういう時も否定せずに、心の声を聴き、不安な気持ちに寄り添うことにより、後悔のない見送りができたと思っています。

「介護する人は俳優になれ。」と言われますよね。「あんなに聡明だった私のお母さんが…。」と腹が立つことも多々あり、なかなか難しいことですが、その方の生きてきた歴史やその方の気持ちを理解して寄り添うことが大切ですね。

でも、実際には、「親御さんが高齢者施設に入所してしまえば、任せっきりで全く会いにも来ない」という話もよく耳にします。それぞれの家族にいろんな事情があり、一概には言えませんが、後悔のない対応が望まれます。まあ、それまでの人間関係で難しい場合もありますよね。

『因果応報』=人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。(goo辞書)

『情けは人の為ならず』=人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる。(goo辞書)

『ひとは生きてきたように死んでいく』=「ひとは生きてきたように死んでいく。しっかり生きてきた人はしっかり死んでいく。周りに不平を言いながら生きてきた人は私たちスタッフに不平を言いながら亡くなっていく。感謝しながら生きてきた人は感謝しながら、ベタベタ生きてきた人はベタベタと死んでいく。これまでの生きざまが死にみごとに反映する。よき死を死すためには、よき生を生きねばならない」医師:柏木哲夫さん「『死にざま』こそ人生より」

今の世の中、いつ何が起こるか分かりません。幸せなゴールを迎えたいと思えば、笑顔で、周りの人に優しく、そして、感謝の気持ちを表してより良く生きておきたいものです。

今こそ、ユーモアを持ち、ポジティブに

コロナウィルスの影響で、あちこちに支障が出ている昨今で、みんなが我慢して息を潜めていますね。

そんな中、デイサービスでの利用者さまの会話が聞こえてきました。

「安倍首相は、小中高校生を休業にさせて、私たちは、普段どおりデイサービスに通わせてる。これからを担う子どもたちを守って、私たち年寄りは、どうなっても良いと思ってるのよ。」

「そうよ。そうよ。みんな、そう言ってるわ。」

いえいえ、コロナウィルスの流行を食い止めて、高齢者はもちろん、全国民を守るためですよ。子どもも楽しいことが中止になって、我慢しています。

以前、同じようなネガティブな話を聞いた気がします。

今では、幸期高齢者という字を当てる方もいらして、ポジティブ思考で人生を楽しんでいらっしゃる方が多いですが、2008年、75歳以上を対象とする後期高齢者医療制度が始まりました。その頃の話です。

「後期高齢者だなんて、私たちはもう要らないということね?」など、とてもここには載せられないようなことを、皆さま、口々に不満気におっしゃっていました。

「そんなこと無いですよ~。」と返答するのも疲れはてた頃、すごく爽やかな方にお会いしました。

「75歳のお若い方が後期高齢者だなんて、私は、93歳だから、末期高齢者ね。オホホホ。」

と、おっしゃる声に思わず顔を上げました。そこには、キチンとお化粧をされて、御髪も美しくセットされ、背筋もシャンと伸びた女性がスッと立っていらっしゃいました。

12年前、93歳の方がおひとりでさっそうと自由に出歩くだけでもすごいのに、社会全体を見通して、ご自身の立ち位置を考える見識の高さ、心から尊敬します。本当に素晴らしい!

彼女が、今の不確かな情報に振り回されている状況をご覧になったら、どうおっしゃるでしょうか?コロナウィルスに感染しても、80%は無症状か軽傷と統計が発表されています。冷静な行動をしましょう。できるだけ外出を控えてと言われれば、後回しになっていた家の中でできることに取り組んでみてはいかがでしょうか。

私たちは、何かあるとすぐにくよくよして落ち込んだり、ネガティブな思考になって、誰かのせいにして責めたり、忙しさについ笑顔を忘れがちになったりします。

彼女とは、一期一会の出会いでしたが、そのポジティブさ、そしてユーモアのあるお上品さを今でも思い出し、そのたびに幸せな気持ちになります。ご自身がオホホホと笑顔でいるだけでなく、周りの人も10年以上幸せな笑顔にしてくれる彼女に感謝の気持ちでいっぱいです。こういう方ばかりだとこの国の幸福度も高くなっていくのではないでしょうか。私は、彼女の足元にも及びませんが、少しでも近づければと思っています。

ピンチをチャンスに! 彼女のようなユーモアとポジティブ思考で、日本を元気にしていきましょう。

「カツオが磯野家を片付ける日」を読んで

「カツオが磯野家を片付ける日」皆が知っている磯野家に何が⁉と早速読んでみました。波平が、家の中の雑然としたモノで転倒して急死したところから始まるカツオの実家片付け。あの几帳面なフネの家がごみ屋敷化するなんて。もちろん、この実用書の中でのこと。

サザエとワカメは既に別居。仕事に家事・子育てにと忙しくて実家まで手が周りません。でも言いたいことは言う。手は出さないけど、口を出す。よくあるパターンですよね。

日本一有名な一家磯野家を例に、今問題となっている実家片付けへの対応を具体的に解りやすく示してくれた本です。親子で片づけるとどうしても感情的になってしまい、なかなか進みません。

「まだ使えるから、捨てないでおくれ。」「母さん、どうしちゃったの?」あんなに、几帳面だった母さんの衰えを目の当たりにして、悲しいやら情けないやら。どうすれば、円満に過ごしやすい環境にできるでしょうか?

物のない時代に育った両親世代は、「物のあることが豊かさの象徴」という価値観を持っています。「いつか使う」ともったいなくて、捨てられません。それは解っていても、子としては、スッキリとした部屋で安全に暮らしてほしいという想いがあります。お互いの気持ちを尊重し、いろんな想いを話し合い、穏やかに行わなければなりません。

キーワードは、「安心・安全・健康」。「母さんに安全な部屋で安心して健康に過ごしてほしいから。」と優しく言って、お母さんの立場に立って、思い出話を聞きながら一緒に片付けましょう。仕事なら割り切ってできても、家族だとそれがなかなか難しいです。でも、俳優になったつもりで。

片付けがひと段落したら、あんなに抵抗していたフネさんも安心して元の仲の良かった磯野家に戻り、読者も安心。「やらなくて後悔するより、少しずつでもやった方がうんと良い。」

縁とは~『マチネの終わりに』

出会いは、突然。そして必然。

出会うべくして出会った二人。感受性が同じで惹かれ合います。でも遠く離れているふたり。やっと進みだした二人の前に周りの妨害があってすれ違います。長く続く苦悩。妥協。それでも、縁があってまた人生が絡み合うことになります。

運命に翻弄される縁について深く考えながら帰宅してテレビをつけました。

『祝賀御列の儀』素敵な笑顔で優しく手を振る天皇皇后両陛下の映像が。

気ままに生きている一般人の私たちでも、楽しいことばかりではありません。辛いこと苦しいこと悲しいこと。ブルーになること数知れず。

国を背負う天皇陛下御一家の重圧は、計り知れない重さでしょう。「全力でお守りします。」そのお言葉どおり、お二人でそれを乗り越えてこられたのです。今日の雅子さまの晴れやかな笑顔と光る涙が、その喜びを表わされていたように思います。

そして、これからも前進していくためには、どんな決断行動が必要か、的確な判断をして、すばらしいご縁に繋いでいこうと思いを新たにした1日でした。

『縁』って本当に不思議。この広い世界の中で、同じ時に生きている70億人の中で、出会い、関わるのは、本当に奇跡。

私たちにも日々いろんな出会いがある。あの時、あの場所に行かなかったら、この方とお話していなかったら、あの時電話していなかったら、今の私たちはいない。子どもだって、孫だっていなかったかも知れません。本当に命って奇跡の連続だと痛感します。

日々の生活、仕事でもいろんな出会いがあります。そして、その時々、ひとつひとつの判断行動でどんどん結果が違ってきます。決定までには、自分自身の中でも葛藤があります。また、外からの妨害もあったり、今いる環境の中で障害があって、実行できないこともあります。今、こうして、自分がいられることに感謝しかありません。

「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えている。」映画の中の台詞です。過去に起こった事実も、未来になって環境や見方が変わることによって、過去の事実への感じ方も変わるということだそうです。皇后陛下の涙が、このことを物語っているように感じました。

未来の自分が、「良い人生だった。」と満足できる活き方をするために、一日一日一瞬一瞬を大切に、すばらしいご縁を紡いで、自分にも人にも優しく、正直に生きようと、思いを新たにした1日でした。